プロフィール

駒野宏人

北海道大学大学院薬学研究院認知症先進予防・解析分野 客員教授
薬学博士 専門:神経科学・脳科学
ブレインフィットネスコーチング主催
一般社団法人「人生100年生き方塾」代表理事

米国CTI認定プロコーチ(CPCC)
米国NLP協会認定NLPトレーナー;認定NPO法人日本YOGA連盟ヨガインストラクター・アドバイザー;一般社団法人日本メディカルヨガ協会メディカルサポーター;コア・トランスフォメーション トレーナーズトレーニング修了;THE COACH academyアドバイザー;株式会社KAKEAI 顧問

東京大学薬学部卒業後、同大学助手、米国スタンフォード大学・ミシガン大学医学部研究員、国立長寿医療研究センター室長、岩手医科大学薬学部・神経科学分野教授を歴任。また、大学院の頃よりヨガを始め、現在、認定NPO法人日本YOGA連盟に所属。専門の神経科学・脳科学の研究・教育活動以外に、生きがいや意欲を引き出すコーチングやヨガ・瞑想指導も行っている。

一般向け著書

ご挨拶

今、新型コロナウイルスのパンデミックで、世界中が混乱しているさなかです(令和2年7月某日)。またアメリカからはじまった人種差別抗議デモは世界中へと広がっています。そして、ここ数年、日本で毎年のように襲っている豪雨による甚大な被害が今年も起きています。今、明らかに世界が大きく変わる変革の時期に私たちは生きているのではないでしょうか。それが今後、良い方向に変わるのか、あるいは、後もどりできないほど人類・生物にとって致命的な方向に進むのか、それは、今の私たちの生き方、舵の取り方しだいではないかと思います。積極的な見方をすると、今おきていることは、私たち人類の知恵と絆をひきだすための宇宙からの人類へのギフトととらえると前向きなチャンレンジの勇気が湧いてきます。

そのような意味で、本ブレインフィットネスコーチングでは、脳科学や生物学、進化の視点から、この困難と思われる世界の中で、楽しく、しかも環境や地球に貢献できる創造的な生き方に役立つような講座やワークショップを開催していきたいと思います。

私は、大学で神経科学・脳科学を専門として教育や研究をしてきましたが、一方で人の人生を支援しようとコーチングを学びました。また、ヨガ・瞑想も若い時からはじめて毎朝1時間のヨガ・瞑想は30年以上かかしたことがなく、私にとっては自己調整するうえで欠かせない習慣となっています。昔は、ヨガや瞑想の話しをしたら、科学者から変な目でみられたことがありましたが、今や科学技術の進歩で、瞑想中の脳内変化やヨガのもたらす効果が研究され、その有効性が検証され流行になってきています。現代は、スピリチュアル(精神的)なこと、宗教的なことと科学とが統合できる時代になってきたように思います。また、かつて病気が主な対象であった研究も、人がより良く生きるため科学としてすごく進歩してきたように思います。

私がコーチングの学びや実践をしていく過程で、自分が専門として学んできた生物学、生化学や脳科学の研究成果が、コーチングの理解や実践にとても役立つことがわかりました。これら基礎科学の研究成果は、単にテクノロジーや医療の発展だけではなく、個人の幸せや地球の豊さをもたらす人類のあり方や行動指針にもとても役立つことを実感しています。

そこで、これまで私が学んできたコーチングやNLP(神経言語プログラミング)のあり方や手法に加え、専門としてきた脳科学を基盤に、生物学や進化の視点から、脳機能の改善をコーチングするブレインフィットネスコーチングを講座として開設することとしました。脳科学の進歩はとても早く、これからも脳科学の進歩とともに講座内容も変容していくと思われますが、本講座が人々の健康、幸せな人生、組織運営、ひいては地球環境の改善にも役立つことができたらとても幸いに思います。